一方ヘアフォード伯爵って・・・/ミー&マイガール | platea/プラテア

platea/プラテア

青山航士さんと出演作について。『The Musical AIDA〜アイーダ〜』/ ゲキXシネ『五右衛門ロック』出演
<< 50年前、パブ"The Lambeth Walk"で | TOP | ゲキXシネ『五右衛門ロック』DVD発売決定!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -| - |
一方ヘアフォード伯爵って・・・/ミー&マイガール
 なるほどランベスってそういうところなのか、とちょっとイメージがわいたところで、今度は「ヘアフォード伯爵家」ってどういうところなのか疑問がわきました。英語ではEarl of Hereford、爵位"Earl"はお気に入りの紅茶に名前を冠したアール・グレイでおなじみのイングランドの爵位ですが、ルーツはなんと9世紀、スカンジナビアのデーン人たちのものだそうです。古いですねえ〜。彼らの王族以外の指揮官がこの位を名乗り、イングランド移住後も使われたとか。
 11世紀から今まで6度この爵位の家が栄えたそうですが、最高に新しくて14世紀! 日本は鎌倉時代で、源頼朝が云々の頃です。絶えて久しい名家の名前という訳で、イギリスの人にとって「源家」というか「源氏」みたいな感じなんでしょうか楽しい。そう思って見ると井上芳雄さん、源頼朝のコスチュームなんかも似合いそうな気がしてきます。
 それと"Earl of XXX"のXXXは領地の名前なんだそうですが、こちらは残念ながらどこなのかはっきりしませんでした。さすがに14世紀の地名は残されていないのかもしれないです。でもgoogle mapでちらっと見ると"Hereford Road"があったり、`Hereford House"というステーキ屋さんもあるようです。ひょっとしてかつてのお屋敷あと? と思うとまた楽しいですが、日本にもどう見ても関係のなさそうな「スナック源氏」とかあるしなあ猫2
00:23 | ミー&マイガール | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
00:23 | - | - | -| - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://platea.jugem.jp/trackback/268
トラックバック