これが道のほうの「ランベス・ウォーク」!/ミー&マイガール | platea/プラテア

platea/プラテア

青山航士さんと出演作について。『The Musical AIDA〜アイーダ〜』/ ゲキXシネ『五右衛門ロック』出演
<< ランベスってどんな街/ミー&マイガール | TOP | 50年前、パブ"The Lambeth Walk"で >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -| - |
これが道のほうの「ランベス・ウォーク」!/ミー&マイガール
 前の記事でリンクしたサイト"Landmark"なんですが、さすがに地元の公式サイトだけあって詳しい〜。"lambeth walk"で画像検索すると、80年代に書かれた壁画に『ミー&マイガール』があったり、楽譜の表紙イラストがあったり、楽しいです。そしてイラストの解説には初代ビル、Lupino Lane一家はランベスのStreathamのLeigham Court通りに住んでいた、という解説が・・・Lupino Laneの本名のセカンドネームはウィリアム=愛称ビルだし、本当に等身大の自分を作品の中でも生きて見せたんですね。役者魂を感じさせる、ありそうでないエピソードです。
 画像は全部コピー不可ですので、`Lamdmark"サイトのトップページの右カラムの検索欄からどうぞ〜。"image title"のところに"lambeth walk"と入力すると現在4ページ表示されます。壁画は1ページめ、イラストは2ページめにありますよ見る(アップしたとき確かポスター画像だったんですが、楽譜の表紙イラストに変わった?ようです?。イラスト自体は同じで画質はこのほうがいいみたいですが・・・)
 PCLandmark -Lambeth -
23:47 | ミー&マイガール | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
23:47 | - | - | -| - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://platea.jugem.jp/trackback/265
トラックバック