宮本亜門さんと「ひめゆり」 | platea/プラテア

platea/プラテア

青山航士さんと出演作について。『The Musical AIDA〜アイーダ〜』/ ゲキXシネ『五右衛門ロック』出演
| TOP | 「ひめゆり」が3月22日より新潟・シネウインドで上映されます >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -| - |
宮本亜門さんと「ひめゆり」
 先日、2006年の映画「ひめゆり」(柴田昌平監督 130分)を見る機会に恵まれました。宮本亜門さん演出の『太平洋序曲』について少しだけ書いた際、宮本さんの公式サイトで紹介されているのを目にしました。

  私の一生のお願いです。「ひめゆり」を観てください。

 宮本さんのこの言葉が忘れられず「いつかきっと」と想っていましたが、観終えた今、私もこの言葉をお借りして、すべての方に「観てください」と伝えずにはいられません。
 主人公がベトナム戦争に派兵され、精神を深く蝕まれる『ムーヴィン・アウト』、戦争帰還兵である主人公の父がアルコール依存のすえに自殺する『ボーイフロムオズ』等のミュージカル作品を観るだけでも、命も心も奪う戦争の恐ろしさ、残酷さ、また一人の人間がその記憶を抱えて生きていくことの辛さは想像を絶するものだと思い知ります。
 1945年3月、師範学校に通う女学生達が、陸軍病院を手伝う「学徒隊」として戦場に送り込まれました。その日から今日まで、彼女達が経験しなくてはならなかった苛酷な状況を、生存者の方が語ってくださることでこの映画は構成されています。感受性の塊のような10代の日々の、忘れようも癒えようもない凄絶な記憶を、次代の人間が同じ過ちを犯さないようにとの一心で、ご自身の傷を開くようにして語ってくださる生存者の方たち。その命がけの言葉に、一人でも多くの人が出会って頂きたいと心から思います。証言の一つ一つは心を絞り上げられるような痛みに満ちた記憶の連続なのですが、観終えたときには、生存者の方たち、そして監督はじめスタッフの方々の大きな気持ちにすっぽりと包まれ、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
 今月・来月は渋谷”UPLINK X”での上映があり、そのほかにも各地で不定期に上映会が催されます。詳しいスケジュールは映画「ひめゆり」の公式サイトに掲載されています。サイドバーのバナーをクリックしてご確認ください。
 なお、渋谷のスケジュールは以下の通りです。

UPLINK X
2008年2月16日(土)〜3月14日(金)
11:00〜  
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F
tel.03-6825-5502 / fax.03-3485-8785
x@uplink.co.jp


また、現在札幌で上映中です。
シアター・キノ
〜2月8日(金)
13:15〜
札幌市中央区南3条西6丁目南3上グランドビル2F
tel: 011-231-9355



この映画の存在を教えてくださった宮本さんが、『ルドルフ RUDOLF The Last Kiss』を演出されるということに、観客として人間として、とても安心しています。有難うございました。
blogrankingへ クリックお願いします
22:41 | ルドルフ RUDOLF The Last Kiss | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
22:41 | - | - | -| - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://platea.jugem.jp/trackback/26
トラックバック