BW版ビル Robert Lindsay /ミー&マイガール | platea/プラテア

platea/プラテア

青山航士さんと出演作について。『The Musical AIDA〜アイーダ〜』/ ゲキXシネ『五右衛門ロック』出演
<< ブロードウェイ版('86)振付のGillian Gregory/ミー&マイガール | TOP | ブルク7「ゲキxシネ祭り」と秋の陣上映開始日/五右衛門ロック >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -| - |
BW版ビル Robert Lindsay /ミー&マイガール
 ふ〜〜ん、BW版"Me & My Girl"振付は映像の人だったのか〜、と驚いていたら、主演のRobert Lindsayも本国イギリスではBBCテレビを中心として活躍している俳優なんですね! なんだか意外〜、ウェストエンドというところの自由度が高いのか、それともプロデューサー達(作曲のNoel Gayの息子さんもその一人)が大胆なのかしら。当時のニューヨークタイムズでの評を見ると、他にもいいリバイバル作品はあったかもしれないけれど、"Me & My Girl"のように、現代的なシニックさを感じさせない作品はごく僅かしかない云々、ととても肯定的に書いているので、いいところは守りつつ、変えるところは大胆に変える、という感じだったのでしょうか。
 BBCのシェイクスピア・シリーズの常連だったというロバート・リンゼイは、コメディよりもむしろシリアスな役柄が多い人だったようです。その点ルドルフといえば、の井上芳雄さんと共通してますね。ロバート・リンゼイ公式サイトのGalleryを見ると、"Me & My Girl"の写真とともに『リチャード三世』のタイトルロールやローレンス・オリヴィエ主演の『リア王』でのエドマンド役の写真があって、イギリスの正統派俳優という感じのキャリアがうかがえます。また、戦争反対の立場を明確にしている方で、政治的発言も多いのだそうです。
 一方、NYタイムズの記事はR.リンゼイをジーン・ケリーやジェームズ・キャグニーといった往年のアメリカの大スターにもたとえていますが、"Me & My Girl"の写真なんか、本当にそんな感じで、とても本場イギリスのシェイクスピア役者とは思えない。いい俳優ってこんなにも振り幅のあるものなんですね。そういえばエフ・スピリットさまの公式プロフィールに青山航士さんの「その2」があって、おしゃれなスーツ姿なんですが、一度こういう燕尾服で飛んでいるところなんかも見たいですよねえ。青山さんのNYパンクから燕尾服まで、っていうのも凄いなあるんるん
 Robert Lindsay 公式サイト
00:13 | ミー&マイガール | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
00:13 | - | - | -| - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://platea.jugem.jp/trackback/250
トラックバック