ところでランベスってどこ?/ミー&マイガール | platea/プラテア

platea/プラテア

青山航士さんと出演作について。『The Musical AIDA〜アイーダ〜』/ ゲキXシネ『五右衛門ロック』出演
<< 初代ビル〜Lupino Lane/ミー&マイガール | TOP | 時代を超える・今を刻みつける/ミー&マイガール >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -| - |
ところでランベスってどこ?/ミー&マイガール

 花冷えの終りがなかなか見えてきません。だけど少しずつ開花する桜も、とても奇麗だなと思います。自然の歯車が狂ってきても、自分の力で生をつなぐ木々ってすごいですね。こうしているうちに進化するのでしょうか。
 さて、『ミー&マイガール』といえば、の「ランベス・ウォーク」、ビルとサリーの街「ランベス」っていったいどのあたりの地区かと思い少し探してみたら、二年前、"TOMMY"でHeathfield Gardenのトミー(中川晃教さん)の家と青山航士さんの演じたThe Hawker/ポン引き&アシッド・クイーンのいる街、Isle of Dogsを調べた時の地図がわかりやすいようです。時代は20年ほどずれますが、テムズ川の南、トミーの住んでいたWandsworth地区の東隣ですね。赤い部分が「シティ」と呼ばれる街の中核部ですが、周辺に青山さん出演作の舞台となった地区が並ぶ形になり、オタクとしては一度行ってみないといけないような気がしてきました。
 The Hawker....カッコ良かったですよね〜〜〜。この前もTOMMYのゲネプロ映像で思い出し狂い(?)していたのに、今日もまた思い出してしまいました。あの作品の「仇花」というのに本当に相応しい、甘美な毒に満ちた燐粉を振りまくような青山さんの歌声がどこかでまた聞けないものかと思います。


21:34 | ミー&マイガール | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
21:34 | - | - | -| - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://platea.jugem.jp/trackback/247
トラックバック